• HOME
  • ブログ
  • Fashion
  • 大人気YouTuberヒカルが持つ自身のブランド「ReZARD」の本革スニーカーは、本当に良質な物なのか徹底レビューしてみた。

大人気YouTuberヒカルが持つ自身のブランド「ReZARD」の本革スニーカーは、本当に良質な物なのか徹底レビューしてみた。

今回紹介するファッションアイテムはシンプルなデザインでどこへ行くにも履きやすいスニーカーだ。しかし、ただのスニーカーではない。実は、皆さんもご存知だと思うが、チャンネル登録者400万人超えの大人気YouTuberヒカルが持っている自身のブランド「ReZARD」の大ヒットを記録したスニーカーなのだ。「ハイブランドと同じクオリティを、ハイブランドより圧倒的に安い価格で」をコンセプトに既に多数の商品が展開されている。
実際に、今回購入したスニーカーは素材にこだわりを持っているのにも関わらず、異常な安さが特徴の1つとなっている。
しかし、正直なところ私は、この手のインフルエンサーマーケティングによる商品は、その人が好きで購入する物であって実際のところ良質な物ってなかなかないんじゃないか?と思っていた。

だが、結論から言うとコレは『質も履き心地も凄く良いスニーカー』となっている。正直驚いた。そんなスニーカーのどこがどう良いのか、まずは開封していく様子からご覧いただきたいと思う。

購入から手元に届くまで

YouTuberヒカルは、ロコンドという通販サイトを運営する株式会社ロコンドとタッグを組みオリジナルブランド「ReZARD」を作り上げた。出る商品は全て即完売となり、購入してから手元に届くまで相当な時間がかかってしまうくらい大人気商品を連発している。私が買ったのは、本革で出来たスニーカーで、カラーはブラック×オフホワイトモデル。これは宮迫博之エディションと言われているカラーだ。このカラーリングが可愛くもありカッコよさもあったので直感でこれに決めた。

そんなスニーカーだが、購入した日が2020年5月2日。そして手元に届いた日が2020年8月13日だ。購入時の予定としては7末にお届けと記載されていたが、コロナの影響もあり8月のお届けとなった。さすがに時間が経ちすぎてしまって、熱が冷め始めてきたところに届いたのでギリギリ嬉しいテンションで受け取ることができた。そんな人気殺到の商品を、さっそく開封レビューしていこう。

しっかりとした箱と、上質レザーの肌触り

箱は大きめでしっかりとした厚手の紙製。真ん中には大きくReZARDのロゴが印刷されている。若干ロゴがダサいのが気になるが、重要なのはその中身。

ロゴ部分はぷっくりと盛り上がった加工が施されており、箱からも品質には妥協してないという姿勢が伝わってくる。

側面には購入した商品のカラバリやサイズが記載されている。冒頭にもお伝えしたように購入したカラーはオフホワイトだ。そしてサイズは27-27.5cmの43番となっている。

早速開けてみよう。中には白い紙に包まれたスニーカーがうっすらと透けて見える。

めくってみると、今度はビニールに保護されたスニーカー本体が。オフホワイトの色が想像以上に良く、この時点でかなり満足度が高い。

そしてビニールを外してみる。

うん。かわいい。ソールのオフホワイト色がとても程よくかわいさとカッコよさを両立させており、レザー部分のブラックとの対比がちょうどいい。そして、レザーの肌触りが滑らかで柔らかく素材へのこだわりを感じる物に仕上がっている。ただし開封時の新品状態だと少し匂いがきつい。レザーなのか他の素材なのか、独特な香りがする。しかしこの香りは最初だけ。履きならせばすぐに取れるだろう。

両足を真上から見てみるとこのような感じだ。インソールもレザーとなっており、ロゴがエンボスで刻まれている。見えない部分なのにしっかりと作り込まれているのでとても好印象だ。シューレースは始めから通されており、届いたらすぐに履ける状態にあるのも素晴らしい。

中には型崩れしないように詰物が入っている。後ろ姿もかわいい。

正面から見るとこのような感じ。デザインはとてもシンプルで無駄な装飾は無い。正面から見ただけでは、ReZARDというブランドであることは分からないだろう。

ディテールも素晴らしいクオリティ

寄って細かい部分も見ていこう。ロコンドのECサイトではこれほど寄りで見れる画像がなかったので、レザーの質感やロゴの印刷制度、ステッチのクオリティなど確認することが出来ず、品質が気になっていた。なのでこの記事を通して購入を検討している皆さんに細かな部分をお伝えしていきたいと思う。

黒い表面部分は本革となっている。牛革ではなく羊革。そのため、非常に柔らかく優しい肌触りが特徴的だ。アッパーには環境問題に配慮された流行りのサステナブルな素材を採用している。ロゴの刻印精度は少し滲みがあるが、許容できる範囲で、ステッチ部分もほつれなくキレイに縫い付けられている。

先端は特に特徴的な部分は無いが、普通に良くできたスニーカーとなっている。やはり革がとても上質で触り心地が良い。

シューレースはボディに合わせて黒色を採用している。特徴的な部分はなく、至って普通だ。

ロゴがエンボスで刻まれている中敷きにも、柔らかい本革(羊革)が贅沢に使用されている。実際に触ってみるとフニフニとしたクッション性の高い中敷きとなっており長時間履いた時の疲れを軽減するような物になっている。

少し角度を変えて見ると、内側側面にはシールとMade in Chinaの文字が見える。どうやら中国産のようだ。

ソール部分は絶妙なオフホワイト色で程よい厚み。

ソールの先端部分は菱形のテクスチャ仕上げとなっている。

底面はこのような波線の模様となっており、多少のグリップ感を感じれるシンプルなソールに仕上がっている。

持ってみた感じ、決して重たいということはなく、軽い部類だと感じた。とても履きやすそうだ。それでは実際に履いてみて外を歩いてみたいと思う。

柔らかい中敷きとソールで素晴らしい履き心地を実現

実際に履いてみて分かったのが、とにかく履きやすくて歩きやすいということ。中敷きが羊革の優しいクッション性の高い素材だからか、長時間出歩いてもそこまで疲れるということはなかった。むしろ歩きやすい。

ロゴのさりげないアクセントがデザイン性を高めており、見た目もとにかく素晴らしい。

レザーは牛革ではなく羊革なので、新品の状態でも曲がりやすい。

【総評】品質良し、価格良し、デザイン良し

ご覧いただいたように、正直想像以上に素材の品質が良かった。そしてデザイン性も良く、どんなファッションにでも合わせやすい物に仕上がっていた。何より、これだけ素材に拘っているのにも関わらず値段が異常に安いのが1番いいところだと思った。ハイブランドだと5万〜10万するレベルの物が、ReZARDだと1万5千円ほど。某フランス産ハイブランドと同じ品質を目指して作ったそうで、この価格は正直言って破格と言えるだろう。手に持つと、その上質さが分かる品質で買って損しないアイテムに仕上がっている。

また、色も白と黒がありロゴが無いバージョンも売られている。大ヒット商品だけに納期が気になるところだが、それを許容できる方は今のうちに注文しておいた方が良さそうだ。私はこれでまた、お気に入りの靴がまた増えたので長く愛用していきたいと思う。

ロコンドで購入する

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA