サングラスからメガネに。BOSE FRAMESを度入りレンズに交換してみた。

今回は、前回紹介した「音を身につけるサングラス」のBOSE FRAMESを、普段使いできるようにメガネ化していきたいと思う。FRAMESのレンズは、簡単に交換することができる。
レンズは、公式に交換が可能となっている機能であり、実際にBOSEからはブルーライトカットの純正レンズが用意されている。今回はダメ元で、J!NSで交換用の度入りレンズを作ってもらえないか相談しに行ってみることにした。

メガネ屋さんでレンズを作ってもらうまで

 

さっそくダメ元で、BOSE FRAMESをメガネケースに入れて、近所のJ!NSに行ってみて「度入りのレンズを作ってもらえないか」相談してみた。

私がレンズ作成をお願いした当時は、
“基本的にJ!NSでは持ち込みのメガネに対してレンズを作ってあげることは可能なのだが、ウェアラブル端末に関しては万が一故障した場合のリスクがあるため、基本的には受け付けはできない”
と言われてしまったのだが、それを承知の上で、無理言ってお願いし、なんとか度入りレンズを作ってもらうことに至った。

https://www.jins.com/jp/boseframes/

ところが、最近知ったのだが、J!NSが公式にBOSE FRAMESのレンズ交換に正式対応したそうだ。これにより安心してレンズ交換が行えるようになった。
レンズの金額は大体5000円程と、そこまで高くなかったので安心した。

既存のレンズを外してみる。レンズの交換はとても簡単。

レンズの外し方はとても簡単。
写真のように持ち、レンズの中央を押し出すようにして取り外す。最初はレンズがパキッと割れてしまうのではないかと思って怖くて出来なかったのだが、ちょっと力を入れるとすんなり取り外すことが出来た。なので、思ってる以上に簡単にレンズは取り外せることがわかった。

外すと、このようにフレームのみになる。外したレンズは傷つけないよう大切に保管しよう。

度入りレンズをつけてみる。

さっそく、J!NSで作ってもらった透明の度入りレンズを取り付けてみたいと思う。レンズを外す際は簡単だったのだが、取り付ける際には、取り付ける順序があるので注意が必要だ。間違えてしまうとレンズやFRAMES本体が破損する可能性もあるので間違いないよう取り付けよう。

メガネ化に成功したFRAMES

メガネ化に成功したBOSE FRAMES

こちらが実際に透明の度入りレンズに入れ替えたBOSE FRAMESだ。見た目はもう、普通のメガネだ。これで音を身に付けることができ、さらに視力も補完できるとなると最強のウェアラブル端末なのではないだろうか。

透明レンズを入れたことによって、完全にメガネ化が完了した。これでいつでもFRAMESを使用することができる。外でも家の中でも快適に自分だけの音楽体験が可能になるのだ。もし「BOSE FRAMESがサングラスじゃなくてメガネだったらな。」と思っている方は、このようにメガネ化できるので、ぜひJ!NSにて試してみて欲しい。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA