iPad Pro Magic Keyboardを使ってみて思う正直な感想。

Apple新宿店で購入

iPad Pro用のMagic Keyboardは発売当初より在庫がすぐになくなってしまうくらい人気の商品だ。私は、発売前にAmazonで予約しようかなと悩んでいたのだが、詳細なレビューがアップされるまで買わないことにしていた。最近になって、ぼちぼちレビュー記事や動画がアップされていき、なんとなくkeyboardの良いところ・悪いところが分かってきたので、ようやく購入してみることにした。
今回私が購入した場所はAppleStoreの新宿店。他のショップでは品切れ状態だったのだが、たまたま「在庫あり」となっており、次の日には店舗にて受け取りが可能とのことだったのでさっそく購入してみることにした。


Apple Smart Keyboard (12.9インチiPad Pro – 第3世代と第4世代) – 日本語(JIS)

噂通り重たいキーボード

今回購入したのは12.9インチ用のUSキーで値段は税込で41,580円。正直高いと思うが、他のメーカーではいい製品が無いので今のところ純正品しか選択肢にないという状況。それではさっそく開けていきたいと思う。

まず、第一印象は「重たい」ということ。まだ開封前だが、パッケージの段階で既に重たい。小さくて薄いパッケージなのになんでこんなに重たいのだろうか。不思議なくらいズッシリとした重みがある。

箱を開けてみると、キーボード本体が見える。

MagicKeyboard本体のカメラ部分は最新モデルのiPad Pro用に大きくくり抜かれているのだが、iPad Pro 2018年モデルでも問題なく使用可能だ。本体はマットな質感で、これまでのKeyboard Folioと同じ質感だ。ただ、やはりズッシリと重たい。

パカっと開いてみると、ある程度の角度でピタッと開き、止まる。結構雑に扱ってもそう簡単には壊れなさそうなくらい作りは頑丈そうで、安心して使用できそうだ。開くとそこには白い型紙が挟まっており、マニュアルが付属していた。

そしてこちらがキーボードの表面。
待望のトラックパッド対応と、MacBook Proと同等の打ち心地を実現したシザー式のキーボードとなっている。しかもバックライトもついているので暗い場所でも快適にタイピングができる。

側面はこのようにシンプルでスッキリとしたデザインとなっている。写真には写っていないのだが、正面から左側の側面にはヒンジ部分にUSB-Cのポートが1つ付いている。ここから充電が可能なので、便利なポートとなっている。

品質はさすがの純正品。

実際にiPad Proを取り付けてみる。本体は、キーボードと磁力でガチャっとくっつくような形でホールドされる。さすがは純正品といったところで装着感は非常に良く、簡単に外れてしまうということも無さそうだ。

ある程度角度もつけることができるようになっている。思いっきり角度をつけることはできないが、通常使用する分には支障のないレベルで使いやすい角度へ調節が可能だ。

背面から見るとカメラ部分はこのような感じ。少し余白が大きいが仕方ない部分ではある。

キーボードは非常に打ちやすいが、トラックパッドには違和感が。

キーボードをじっくり見ていこう。キー配列はUSを購入したので刻印がすごくシンプルでかっこいい。色はMacBookのキーボードよりも黒い。質感は少しプラスチッキーな感じで4万とは思えない安っぽさがある。
キーボードはファンクションキーは無く、Escキーも搭載されていない。iPad専用のキーボードといった感じに仕上がっている。
トラックパッドは面積は小さいが、そこまで大きくても邪魔になるのでこのくらいのサイズ感がちょうどいいと思った。質感はこれまたプラスチッキーな感じで安っぽく、感圧式のトラックパッドではなく、実際に押し込めるボタン式のトラックパッドとなっている。

キーボードはある程度の高さがあり、押した感が得られる構造になっている。

キーボードは非常に打ちやすく、違和感は全く無い。通常のMagic Keyboardって感じがする。これでiPadでも文章を書く仕事が捗りそうだ。

一方で、実際に使用してみて微妙だなと思ったのが、このトラックパッド。おそらくトラックパッド側の問題ではなく、iPad OS側の問題なのだが、カーソルに慣性(イージング)が効いており、思っていた以上にカーソルが滑って先を行ってしまう。指で動かした以上の距離をカーソルが走ってしまうという感じだ。
Macユーザーならこの違和感に気づくと思うが、デザインを仕事にしている私にとっては、このカーソルの慣性は邪魔でしかなく違和感しかない。慣れるまで相当時間がかかりそうだと思った。

しかし、トラックパッドはマルチタッチに対応しており、普段指で触っていたiPadをトラックパッドでも操作が可能なので不思議なくらい快適になる。
3本指で上にスワイプするとアプリが閉じれたり、左右にスワイプするとアプリを切り替えれたりと、ジェスチャー周りは違和感なく使用可能だった。

果たして4万円の価値はあるか。

使用してまだ2日しか経ってないのだが、キーボードの打ち心地の良さには非常に満足している。また、iPadをトラックパッドで操作するという違和感にも慣れてきて、ブログ記事をiPadだけで書き上げることまで出来るようになった。
全体的には概ね満足なのだが、トラックパッドの動きの違和感と、高すぎる価格がネックになると思った。
価値観は人それぞれであるが私にとっては4万円代は少々高すぎるのではないか。と思ったのが正直なところ。この性能とデザインで2万円代なら即買いレベルになるだろうなと思った。

それと、現状のiPadOSではトラックパッドとキーボードでの操作が完全に最適化されているわけではない。明らかにMacOSもしくは Windowsを使っている方が効率的で、最適化が乏しいiPadで頑張って作業するのがバカらしくなるくらいに感じた。なので今後のiPadには、よりPC化していくようなアップデートを期待したいところだ。

色々と辛口なレビューをしてきたが、キーボード自体の質感や打ち心地など含めて満足度は高い。もっとOSが最適化されれば尚重宝するアイテムになること間違い無いだろう。
気になる方は、まずは店頭で試し打ちしたり、トラックパッドを触ってみたりすることをオススメする。その上で気に入ったら購入した方が間違いない。私はひとまず、しばらく愛用してみようと思う。


Apple Smart Keyboard (12.9インチiPad Pro – 第3世代と第4世代) – 日本語(JIS)
Amazonで購入する

関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 匿名

    アクセシビリティのポインタコントロールに慣性のオプションありますが

    • paraph

      コメントありがとうございます。
      そうなのですね!さっそく慣性をオフにしました。
      記事中に設定項目が存在する旨を追記させていただきます。
      貴重なご意見、ありがとうございます。

CAPTCHA